すぐに使える簡単片づけ法を伝授します!

Z愛知など東海地方の特産品“赤みそ”。地元では「みそ煮込みうどん」「みそカツ」などいろんな名物料理に使われていますよね。でも東京で聞くと「全然使わない」「味が濃すぎる」「色が黒くて好きじゃない」など不評の声も。
今回、詳しく調べると、大豆だけで造る赤みそはいわば“コク“をアップさせる万能調味料。カレー、チャーハン、煮物などに隠し味として使えば料理が驚くほど激うまになるんです。さらにしょうゆに溶かせば“コクうましょうゆ”に大変身!少量でも料理が深い味わいになるため減塩の強い味方にもなります。
アナタの知らない万能調味料“赤みそ“のウラ技の数々を大公開します!

 

 

あなたは普段こんなことで悩んでいませんか?

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]
  • 片づけても、一週間後には元通りになってしまう
  • 一日のうちに、探し物を何回もしてしまう
  • 物をうっかり無くしてしまうことが多い
[/list]

ぼくも昔は、あなたと同じだった。上に書いたものすべて、昔の自分のことである。
探し物に費やしていた膨大な時間。今考えると非常にもったいない。
しかし、あることを始めた途端、上に書いてあるすべてのことが一気に解決した。
その方法は、どこにでもある100均で買えるアイテムを使ってできる、簡単な方法である。

 

物の住所を決めて、そこに住所シールを貼る

[list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]

ぼくが住所シールと呼んでいるものは、100均で買える丸シールである。(こんなやつ)

これを使い、物の住所を決め、その位置にこのシールを貼っていくだけだ。
たったこれだけなのだが、自身の生活に及ぼす影響は非常に大きい。
大きな変化をもたらすものは、実はシンプルだったりする。

具体的な手順

ぼくが行なっている実際の写真と手順も、ここに載せておく。

[timeline][tl label=’STEP.1′ title=’シールに名前を書く’] 丸シールに迷子になってる物の名前を書きます。[/tl][tl label=’STEP.2′ title=’貼る位置(住所)を決める’] 住所となるところにシールを貼ります。 [/tl][tl label=’STEP.3′ title=’タイトル3′] 中身3 [/tl][tl label=” title=’完成’] [/tl][/timeline]

彼女と同棲なんかしていたりする人だと、非常に滑稽に思われるかもしれないが、これで生み出せる莫大な時間に比べればなんのそのだ。(そんなこと言っちゃっていいのだろうか)

 

 

1日時間が増加し、成功のスピードが加速する

やってみると分かることだが、物の住所が決まっているという感覚は、なんとも気持ちの良いものである。
考える力が余計なことにとらわれることが無く、大事なことだけに集約される。
結果、1日の時間が増え、成功や、目標達成までのスピードが加速するのである。
ちなみに、今回は、ぼくが片づけのメンターと仰ぐ、近藤麻理恵さんの書籍を最後に紹介しておこうと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼくテツでブログを書いています「ぼく」です。肩書きは見習い哲学者。日々精進中です。よろしくお願いします。