ぼくの哲学 vol.15~出品数と売上の関係~

メルカリの出品数と売上の関係。

メルカリは出品すればするほど、商品が売れる。

メルカリに出品してみたはいいが、全然売れないと思う人にやってほしいのが、出品数を上げることである。

ぼくのアカウントでは、出品した商品数10に対し、おおよそ2〜3の割合で商品が売れていく。

値段などは、周りと競争したくないので、自分の売りたい値段で売っているつもりだ。

これが本当に面白いぐらい、この法則に当てはまるのである。

これは実店舗も、ネット販売もあまり変わらないといういい例である。

商品数が多ければ多いほど、大きなお店だと思ってしまうことと一緒で、それがある意味見えない信用を生んでくれるのである。

商品が売れなくて困っている人は、ぜひこの出品数を意識してメルカリを利用してみて欲しいと思う。

[youtube]

[/youtube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼくテツでブログを書いています「ぼく」です。肩書きは見習い哲学者。日々精進中です。よろしくお願いします。