ぼくの哲学 vol.22 ~ぼくの理想の環境①~

ぼくの理想の環境15 その①

必要なものが必要なときにすぐに取り出せる環境。

必要なものだけに囲まれている環境。

トイレの時間を超有効的に使える環境。

お風呂の時間を超有効的に使える環境。

自分は誰かのために、誰かは自分のためにが成立している環境。

無意識のストレスから解放されている環境。

写真フォルダが整理されている環境。

自分の荷物がスーツケース2個分に収まっている環境。

やらないことが明確に決まっている環境。

迷うことがない環境。

必要ないものの出口がしっかり整っている環境。

車での移動時間を超有効的に使える環境。

質の濃い睡眠がいつでもとれる環境。

出かけるときに着ていくものを迷わない環境。

[youtube]

[/youtube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼくテツでブログを書いています「ぼく」です。肩書きは見習い哲学者。日々精進中です。よろしくお願いします。