ぼくの哲学 vol.25 ~がむしゃらにやらない~

がむしゃらにやらない。

人生は絡まった糸をほどいていくようなものである。

がむしゃらにやれば、その分糸はさらに絡み合い。それが続けば収集がつかなくなる。

一番大事なのは、競争にのらず、感情に揺さぶられず、自分だけに集中することだ。

がむしゃらにやってしまうのは、空気にのまれている証拠である。

そのためには、競争をしない環境で勉強や仕事をすること、または自分だけに集中する環境を作り出し、一番大切なことだけに、フォーカスする仕組みを持つことが大事なのではないかと思っている。

例えば、そういったアイテムでパーテーションの代わりになる机セットや、ノイズキャンセリングヘッドホン、などがある。

こういったものを使うだけでも集中力はグっと上がる。

そして勉強や仕事をするのは机だけにせず、お風呂場やトイレなども活用し、楽に勉強できる仕組みを作り出すことも大事である。

[youtube]

[/youtube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼくテツでブログを書いています「ぼく」です。肩書きは見習い哲学者。日々精進中です。よろしくお願いします。