ぼくの哲学 vol.29 ~復習が最大の武器!~

復習が最大の武器。

復習する回数が多ければ多いほど、ライバルは少なくなる。

ぼくは復習することが、向上することにおいて最大の武器だと思っている。

しかし、復習する回数が多ければ多いほど、それをやる人は少なくなる。

人間の大半は、飽き性である。

かくいうぼくも、ものすごく飽き性である。

しかし、いつからか、努力しても、努力しても、結果が出ないのは、自分の苦手だった復習にあるのではないかと気づいた。

それを気づくのは、たぶん人よりも遅かったし、ほかの人たちは自然と復習を重ねているものだけど、ぼくにとってはそれはとても大きな発見であった。

読書をする人は、この世にたくさんいるだろうが、同じ本を反復して読む、という人の割合は、おそらくガクッと減る。

その回数を増やすたび、その割合は右肩下がりに減っていくであろう。

そして、成功の曲線が、ぼくはこれと反対の動きをするものだと考えている。

つまり、自分の成功にとって、復習の回数が増えるほど、成功する人の数は右肩上がりに増えていくはずだ。

こうやって右肩下がりで、人ができないことこそ、成功にとって実践すべきポイントなのである。

ぼくが見てきた成功者も、自分がこれだと決めた本を、何回も繰り返し読み、それを実践することで、成功した人たちが多かった。

大事なことは、多読しながらも、焦点をしっかりと絞り、それを復習して学ぶことである。

[youtube]

[/youtube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼくテツでブログを書いています「ぼく」です。肩書きは見習い哲学者。日々精進中です。よろしくお願いします。