ぼくの哲学 vol.37~目覚めを良くする○○!?~

目覚めをよくするのには腸を利用する!

目覚めをよくするのは、脳をうまく起こすことだと思っている。

そして、脳と同じように、第二の脳と言われている臓器がある。

それが腸である。

目覚めをよくするには、この腸がカギになるのではないのかとぼくは思っている。

脳を起こす = 腸を起こす。

ということを前提にして、まず目が冷めたら、水おおよそペットボトル一本ほどを体に入れることで、腸を目覚めさせるということを、意識的にやってみるのはどうだろうか。

よく、二度寝をしてしまう人や、一回起きた後の眠気に困っている人は、これを試してみてほしいと思う。

できることなら、寝る前に、枕の上に、起き抜けに飲むための水を入れたペットボトルを置いておくことで、スムーズに実践することができるだろう。

水を一本飲めば、自然と目が覚め、それを毎日続けることで、習慣になり身体もその生活リズムを覚えていくのではないかと思っている。

[youtube]

[/youtube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼくテツでブログを書いています「ぼく」です。肩書きは見習い哲学者。日々精進中です。よろしくお願いします。