ぼくの哲学 vol.38~自分に嘘はつけない!~

自分に嘘はつけない。

自分をよくみせるために、他人に嘘をつく人がいる。

無駄な見栄や、プライドと勘違いしているものが、人生を邪魔している。

ぼくもそういう時がときどきある。

しかし、そこはうまく収まったとして、相手によく思われたとしても、自分は本当の真実を知っているので、自分に嘘をつくことは決してできない。

つまり、嘘というのは、自らの自己重要感を、自らで下げている訳で、自爆と同じような行為なわけである。

そうすると、いつまでたっても、自分が自分を価値のある人間だと思うことができず、本当の問題解決には至らないのである。

嘘とは、つまり足踏みであって、逃げだ。

人生にはいろんな苦しいことがあることから、足踏みしたくなる時もあるだろう。

しかし、それでは、そこから次のステップへいけるチャンスが訪れるまでは、人はその場所に居続けてしまうことになるのではないかと思っている。

そこに、嘘をついてしまっている自分がいるのなら、ぜひ、それを打ち砕いて、次のステップへ進んでもらいたいと思っている。

[youtube]

[/youtube]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼくテツでブログを書いています「ぼく」です。肩書きは見習い哲学者。日々精進中です。よろしくお願いします。