ホストとはなんだったのか

俺は、26歳ぐらいの頃までホストクラブで働いていた。

俺はいまとなっては、あの時勇気を持ってホストという職業を選んだ自分をほめてあげたい。

なぜなら、俺の人生の考え方や、外見、内面すべてを盤上ごとひっくり返してくれたのがホストだからだ。

そして、その盤上とは、すごい昭和的な考え方のものであり、現代を生きる人にとっては、捨てるべきものだと俺は思う。

別に、ホストという職業をやれば、みんながみんなそうなると言っているわけじゃない。

人にはひとりひとり、向き不向きもあるし、自分を変えてくれる職業はたくさんあるのだから、一概には言えない。

でもどんなことにでも、ただひとつだけ共通して言えることがある!

それは変化を恐れないこと。

勇気を持って一歩を踏み出すことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼくテツでブログを書いています「ぼく」です。肩書きは見習い哲学者。日々精進中です。よろしくお願いします。