ぼくの哲学 vol.11~時間を味方にする方法!?~

タイマーで時間をはかる。

皆さんは歯を磨く時間をタイマーで測ったことがあるだろうか。

ぼくは、ある時期から自分の歯磨きの時間を3分に設定した。

それまでは、自分でも歯をよく磨いているつもりだったけど、3分という時間には及んでいなかったと思う。

計ってみると分かることだが、3分という時間は思ったよりも長く、思ったよりも多くのことができるものだ。

そのことから筋トレも、シャンプーも、ドライヤーも、着替えの時間もすべてタイマーを3分に設定し計ってみることにした。

そうすることで、最初は3分でできなかったこともでできるようになり、その時間が日に日に濃密になっていくことを感じた。

これはきっと、タイマーで時間を計っていなければ起こらなかった効果なのではないかと思う。

現在は3分かける3の9分チャンクで、ひとつのチャンクで3分でできるタスクが3つ入るような仕組みをいくつも作って行動できるようにしている。

そうすることで、いちにち1440分という時間から、睡眠時間360分を引いた1080分を、9分ごとの120チャンクで考えることで、それをさらに3つに分け、40チャンクごとに、朝、昼、夕、と設定している。

こうすることで、つかむことができなかった時間の大切さと、流れと感覚がなんとなくだが、すこしずつ掴めている気がする。

[youtube]

[/youtube]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼくテツでブログを書いています「ぼく」です。肩書きは見習い哲学者。日々精進中です。よろしくお願いします。