繰り返すと向上することを見つける

ぼくのなかで人生のキーになるもののひとつに、
 
「繰り返すと向上することを見つける」
 
というものがある。
 
ぼくは、このブログの中でアリ育成日記というものを書いてるけど、アリは世界での繁殖率が紛れもないNo. 1だ。
 
繁殖率というのは、生命力のひとつの証だとぼくは思っている。
 
生きる力が強いほど、繁殖率が高い。
 
そのアリが基本的にどんなことをやっているかというと餌を見つけて捕獲し、巣の中に運び餌を分け、新たな女王となるもの働きアリとなるものを増やし、餌やコロニー(家族)に余裕ができてきたら、軍隊アリを生み出す。
 
すごくシンプル、単純明快である。
 
人間は、その考える力ゆえに、どうしても人生を自分自身で複雑にしているように思える。
 
世界中のカリスマが、なんらかの特殊な能力を持ってて、成功が魔法のことのように感じている。
 
ぼくはそんな特殊な能力なんてまやかしであり幻想だと思っている。
 
たしかに向き不向きはある、だがそれも自分の得意であり、自分が毎日無意識のうちに繰り返しやってしまうことが、自分の目的との道を結んでいたに過ぎない。
 
それはすごく幸運なことである。
 
しかし、そうでなければ自分の目的に向けてたどり着けるなにかを自分自身の手でみつけなければならない。
 
人生は、ほんとうにあっという間だ。
 
タイムマシンで戻っても後悔しないか、やり残しはないか、逐一確認しよう。
 
繰り返すことで目的への道なるもの、繰り返すことで自分が成長していけることを見つけよう。
 
人生の鍵というのは、そのことだとぼくは思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼくテツでブログを書いています「ぼく」です。肩書きは見習い哲学者。日々精進中です。よろしくお願いします。