ELLEGARDEN復活するんだってばよ!

15歳ぐらいの頃からか、今はなきマシンヘッドという楽器店で、オススメされたCDを聞いたときに衝撃が走った。
アルバム名は、「My Own Destration」。バンド名は、「ELLE GARDEN」。
その中の楽曲(特に英語詞)のものは、もう何回聞いたかもわからない。


ぼくにとってのELLEGARDEN

ぼくにとってELLEGARDENは、人生のすごくわかりにくくなったものを、すごくわかりやすくしてくれたバンドだ。

複雑に難しくなったものを、本当はこんなに簡単なことなんだと思わせてくれた。

15歳とかの頃って、それはそれで葛藤があったんだろうと思うけど、大人になるにつれて、そういうのってやっぱり増えていく。

あの頃は、あの頃の目線で、今日は今日の目線で、いつも同じようにエネルギーをくれる。

なんか変な気持ちが続くときも、一回ELLEを聞いて、ウワーって走れば元通り。

旅をしてる時、思うようにいかなくて、諦めそうになった時、「ジターバグ」を聞いて、もう少しだけ頑張ろうってやってたら、気づけばゴールに辿りついてたりする。


まじで!?ELLE復活すんの!?

たぶん、ぼくらの世代でELLE聞いてた同志枯らしたら、みんなこのリアクションだよね!?笑

いろんなバンドいるけど、「なんかよくわかんないけど良い!」って、やっぱそれが音楽!

そんなELLEGARDENのチケット抽選に、そう。ぼくは、落ちたんだけど(笑)

みんな最高に勇気もらって、楽しんできてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぼくテツでブログを書いています「ぼく」です。肩書きは見習い哲学者。日々精進中です。よろしくお願いします。