自由であるために、自分であるために。

soraのまじめなブログ(仮)

メモ

【失敗しても継続する力】結局へこたれないやつが成功する

投稿日:

今回のテーマは、「失敗しても継続する力」です。

ウィンストン・チャーチルは言いました。
決して、諦めるな― 決して、決して、決して。大事か些事かに関わらず、それが名誉や良識に確信があるのでないかぎり、屈服してはいけない。力に屈するな。敵が一見圧倒的であろうと屈するな。
"Never give in― never, never, never, never, in nothing great or small, large or petty, never give in except to convictions of honour and good sense. Never yield to force; never yield to the apparently overwhelming might of the enemy."

自分はなんの力に屈することになるのでしょうか? ぼくは自分自身だと思います。
自分自身にさえ屈しなければ、必ず人生を勝利することができる。そう思うんですね。

  • どこかで甘えたり怠けたりしまう自分
  • 失敗してへこたれてしまう自分
  • 結果が出なくて落ち込んでしまう自分
  • 敵は外にあらず自分の中にいます。

結局その自分に勝った人たちが、世間で成功者と呼ばれている人たちなのではないかと思うのです。

結局へこたれないやつが成功する

諦めたらそこで試合終了だよ

結局諦めなかった人が勝つ

ぼくは東京でいろんな成功者に触れてきました。

みんなそれぞれに大変魅力のある人たちでしたが、共通していたことはその粘り強さでした。

毎日毎日、コツコツ淡々と積み重ねるのが得意な人たちばかりでした。まさに、チャーチルが言った通り、目的がこうであると決めたら、決して諦めないハートを持っていたんですね。

今となってはその人たちはその業界のトップにのし上がった人たちばかりです。

ぼくは昔から見てきたのでなんだか感慨深いものがあるのでした。

みんながへこたれるところでへこたれない

みんながへこたれるところでへこたれなければ、それだけで自分は特別な人間になれる。

ぼくは本気でこうやって思っています。

この世の中ってのは、不思議なくらいに自分の目的を決めずに生きている人たちが多く、そして目的を決めても続かないことが大半なんです。

なので、みんながへこたれるところでへこたれずにいれば勝手に成果がでたりするもんなんですね。

要は、どれだけへこたれずに続けられるかの勝負。

粘り強く、根気強く、自分が行きたい目的に向かって、自分の信じた道を歩いていく。たったこれだけのことなんです。

失敗したときに起こりがちなことへの対処

継続することをあらかじめ決めておくことで立ち直りが早くなる

一度の失敗で成功へのリズムが崩れることがあります。

例えば、楽器の演奏やスポーツでもそうです。

一回失敗してしまうと、それによって立て続けにミスが連発してしまったりします。

これは日常の中でもまったく同じです。

誤解を恐れずに申し上げれば、飲み会などは日常のリズムが崩れてしまう元になったりします。

もちろん飲み会に行くなと言っているわけではありません。ちゃんとその後の対応さえできれば
なにも問題ないのですが、お酒を飲んでリズムを崩すといったことは誰でも一回は経験をしたことがあるのではないでしょうか。

ぼくなんて、バリバリのホストだったので毎日お酒飲みまくっってましたから、もはやリズムというものがあってないようなものでした。笑

今思うと工場の仕事とは違った意味でカオスでしたが、それはそれでかなりの経験をさせてもらったので後悔はないです。

ですが、やはりリズムを崩さないに越したことはないので説明すると、

大事なのは、自分が継続していくことを決めておくことです。

別の言い方で言えば、1日の最低限のルーチンを決めておくということです。

どんな成功者でも行き当たりばったりで成功した人というのはほぼいないでしょう。どんな人も生活にどこか一貫性があります。

その一貫性をもつためにも、自分の目的に向かって毎日続けていくことを決めておくことは非常に大事なわけです。

実益があるものであればなんでもいいと思います。

ホスト時代のぼくであれば、

  • 起きたら半身浴をしながら2時間は営業
  • 電話帳にある全ての人に何らかのメッセージを残す
  • ヘアメの時には営業電話
  • お店に行ってから1時間営業
  • 終わってから1時間営業

こんな感じのルーチンがあったような記憶があります。(多分もっとストイックにやってたと思うけど)

多分これを決めてなかったら確実に売れてません。笑

これはNo.1になるようなホストには全員共通してることでした。

みんなからちゃらんぽらんに思われてるようなホストでさえ、けっこうな努力をしてるわけですから

家でゴロゴロしているような時間は、誰しもないような気がしています。

人間誰でも失敗はします。

過去のことも含めるて感じたことは、失敗という形で試合に負けたとしても、毎日やる練習はサボらないことが大事だということです。

-メモ

Copyright© soraのまじめなブログ(仮) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.