自由であるために、自分であるために。

soraのまじめなブログ(仮)

メモ

半永久的に効果が持続する片づけ法

投稿日:

この記事をつたえたい人

・片づけが終わらない人
・同じような片づけを何回も続けてしまっているような人
・片づけたのにも関わらずすぐに散らかってしまう人

soraが過去にやってしまった失敗

表面的な片づけばかりをして、根本的な解決には至っていなかった

・とりあえず綺麗に見えるようにするという失敗
・とりあえずタンスにしまうにという失敗
・自分の視界の入らない場所に置くという失敗

定位置が決まっていないので元に戻ってしまった失敗

・物の住所が定まっていないので、すぐに部屋が元通りになってしまう

失敗から学べたこと

物を揃えるだけではなんの解決にも至らない。むしろ断捨離を終えてない状態であれば、揃えなくてもいい。まずは捨てることから始めなければいけないなと思いました。

物を隠すなどという行為は、もはや片づけではなく、現状維持だとぼくは思っています。捨てられないからそうやっているだけで実際にそれを続けても、一生片づいた暮らしを手に入れるができないんです。

大事なことはその行為を続ければ、いつか本当の片づいた生活が手に入るということなんですね。それが「物を捨てること」だとぼくは思っています。

自分の現状に満足しない片づけが必要

物が減ったからといってそれで満足しないことも重要です。これは断言できますが、片づけは完璧になるまで続けるべきです。

なぜかといえば、自分の生活を自分のやりたいことだけに集中させるという事と、リバウンドの可能性を限りなく0にするという事です。

いらないものが1つでもあれば、そこから負の連鎖が生じる可能性があるので、徹底的な片づけ
をしておくというのがとても大事な事だと思います。

本当の片づいた生活とは

・二度と同じような片づけをしなくて済む(二度と散らからない)
・1年後、それ以降も片づいた状態をキープできている
思いっきり片づけたら、その先も同じ状態をキープし続けることができる片づけ

二度と部屋が散らなからない環境を作り

捨てることをしたあとに、物の定位置を決めることを必ず行うことが大事です。
それがリバウンドを防いでくれる最大の要因となってくれます。

完璧な環境を維持し続けるためにも、完璧な位置付けがとても大事なんですね。

-メモ

Copyright© soraのまじめなブログ(仮) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.