自由であるために、自分であるために。

SORA OFFICIAL BLOG

メモ

ブログで1日に1万文字を目指そうと思う

更新日:

sora
soraです。
ブログを更新していく上で1日1万文字を目指します。

今日は自分の目標を書いていきたいと思います。それはズバリブログで1日1万文字をコンスタントにかけるようになる事です。

 

ぼくがブログで1日に1万文字を目指す理由

ブログで1日に1万文字を目指すって結構驚かれるかもしれませんが、ノッてる時は1分100文字ぐらい書けるので、意外とできないことはないんじゃないかと思ってきました。

そんなにブログ書いてどうなるのか?

1日1万文字って原稿用紙でいうと25枚ぐらいになるんですが、そんなに書いてどうするのかというと、

簡潔に自分の頭の整理です。

もちろんその整理をすることによって、価値提供をできたら最高なので綺麗にまとめながら書いていきたいと思っています。

メモすることもそうなんですが、ブログは自分の考えをまとめるのにも本当に最適なツールです。

メモっていうのはぼくの場合、自分の考え方を羅列するだけなので、ブログとの意味合いが全然違ってきます。

ブログは、自分の考え方を人に伝えるためにまとめていかなければならないので、メモよりも考え方が何倍もまとまります。

人に教えることで自分も成長できるって本当に素敵な仕組みだなと思いますね。

ライティングは筋トレなんじゃないか

なんでもかんでも筋トレに置き換えてしまうのがぼくの悪い癖なのですが(笑)、ライティングも書けば書くほど力がつく気がしています。

文字を書けば書くほど執筆筋みたいなのが、頭の中についていっている気がしますね。笑

徐々に消していっていますが、最初の頃のブログなんて酷いものでした。笑

まじで小学生ばりの文章だったので、こんなにブログを書けるようになってきたのも日々書いてきたことのたわものかなとも思っています。

しかし、それに奢らずにもっともっと上を目指すために自分に1日1万文字という課題を課したわけです。

ブログを書くスピードは加速することに気付いた

ブログを書くスピードはやっていけば、徐々に加速しています。

普通はあんまり書きすぎるとネタ切れを起こすんじゃないかと心配になりそうですが、実際に書けることはほぼ無限にありますし、書き続けることで、ブログの書き方もわかってきて、自分の中のいろいろなことをコンテンツにしていくことができます。

どんなに些細なことでも記事にして書いてみると、あれこれってこう考えてみると結構深いなぁって改めて思ったりすることもあります。

まずは自分の中にブログを書くための筋肉を養いましょう。

不思議なことにこの筋肉を養うことで、ブログの文字数は増えているのに、書くスピードは前より早くなって、前より楽になってるなんて不思議なことが起こるようになります。

本当に不思議ですが、これも筋トレやスポーツと同じですね。

ブログで1日1万文字を書くのに強い味方

ブログで1日1万文字を書くのに強い味方。

それはやっぱりブラインドタッチだなと思う今日この頃です、ぼくは基本的に歩きながら記事を書くのが好きなのですが、やっぱりPCを使ってブログを書くのと比べると執筆スピードは落ちます。

多分2〜3倍ぐらいは違うかな?と思います。

なんてたって親指と1本と指10本の差ですから、スピードに違いが出るのは当たり前なんですが。両手での生産性はやはり圧倒的ですね。

なのでスマホはキーワードや大まかなブログの感じなどを考えることに使って、PCでは細かくそれを掘り下げていくということをやっていけば、無駄がない気がします。

やっぱり歩きながら書くってのが好きなので(笑)

スマホはそういった意味では、ぼくにとってはアイデアを出したりなどの、すごくクリエイティブな作業に向いています。

1日1万文字を具体的にどう書いていくのか

それではここからは1日1万文字を具体的にどう書いていくのかに移りたいと思います。

一つのテーマに固執しない

ブログを1日1万文字書くには、ひとつのテーマに固執しないことが大事かなと思っています。

ひとつのテーマに固執して1日1万文字を書こうとすると、結構大変になってくると思いますので、1日1万文字を書いていくためにはある程度の下準備が必要です。

その下準備とは、あらかじめ複数のテーマを用意しておくこと。

ぼくは別に一記事に対して、1万文字を書いていこうといっている訳ではなく、自分のやってるメディア全体で考えて1日1万文字を書いていくことを目標にしています。

ブログを書けないっていう人の主な原因というのは、記事が思いつかないってことではないでしょうか。

記事が思いつかない原因の原因は、大抵は自分のことが何者なのかがわかってないからということにあると思います。

自分の好きなことをキーワード形式で書き出してみる

自分がどんな人なのかを把握するためにもブログを書いていく必要があるのですが、まずは自分の好きなことややりたいこと興味のあることなどを、キーワード形式で書いていってみてはいかがでしょうか。

本当になんでもいいと思います。好きなスポーツ、趣味、休日にやってること、好きな雑誌など、そういうのをコツコツと書いていけば、自分がどんなことに興味があって、どんなことが発信していけるのかが少しずつ明確になってくることかと思います。

まずはそこがスタート地点になります。

なぜならそこがはっきりするといざブログを書き始めてもスラスラと書きたいことが書けるようになるからです。

なにもないところから記事を生み出すというのは、かなり骨が折れる作業なのでまずは自分の中を探ってみる作業が大事なのではないかと思います。

キーワードごとにメモを分けておく

キーワードごとにメモを分けておくことで、思いついた時にスラスラ書けて、そのまま追加ってことが可能になります。

これはどういうことかというと、何か発見やひらめきがあった時に、出口までの道のりが整備されていることです。

何かいいことを思いついても出口が整備がされていなければ、それはただの宝のもちぐされで終わってしまいます。

これはどんなビジネスでも一緒だと思います。

例えばなにかを販売する時などでも、販路をちゃんと開拓しておけば仕入れも安心してできる訳です。

この販路を作ることが先ほども話した、キーワードを決めておくだったり、それを自分のブログやメモに分けておくことだったりします。

インプットやひらめきはブログにとっては仕入れな訳ですから、必然的に販路を確保しておけば自然と循環できるし、考えが滞ることもありません。

sora的なブログを早く書くコツ

ブログを早く書く上でのコツを大事なこと順に紹介していきたいと思います。

何度も言いますがキーワード選定

まずは何度もしつこいようですが、キーワード選定です。
これをしておけば後の工程が疎かでも、割とサクサクと書くことができます。
なので、まずはキーワード選定をしっかりとしましょう。むしろ毎日ブログを書くという意識よりも、毎日キーワード選定をするという意識でいたほうが、ブログの数も増えていくような気が個人的にはしています。

ブラインドタッチを強化する

早くブログを書く上で非常に強い味方になってくれるのがこのブラインドタッチです。ブラインドタッチとはキーボードを見ずに文字を打ち込んでいける能力のことです。

PC初心者の方はよくキーボードを見ながら文字を打ち込んでいきますが、ブラインドタッチを身につければ間違いも少なくなるし、文字の執筆スピードも俄然上がります。

ぼく的がブラインドタッチを身につけた方法も、また別記事でアップしていきたいと思っていますので楽しみにしててください。

1万文字といっても、多分本気出せば2時間弱ほどでなんとかなるんじゃないかなと思っています。

その分脳は超集中モードですが。笑

ストップウォッチを使う

自分のスピードの限界を引き出すのにストップウォッチは有効かなと思っています。自分がどのくらいの執筆スピードなのかを知るきっかけにもなりますし、自分のスピードが上がっているのも目に見えて体感できることができます。

なので、遊び感覚で十分なのでストップウォッチを一回使ってみるのもいいかもしれません。

ノイズキャンセリングヘッドホンで超集中モードを作る

やはりブログをスラスラと書いていくためには、超集中モードを作る必要があります。
それの手助けをしてくれるのがノイズキャンセリングヘッドホンです。
ぼくもこいつのおかげでだいぶ助けてもらってます。

ノイズがない世界っていうのは本当に心地よいもんです。心地よいとブログもスラスラ書けます。

執筆だけに向き合える環境作り

執筆だけに向き合える環境作りも非常に大事なことかと思っています。
例えばすごく散らかった部屋でブログを書くのと、PCとテーブルしかない部屋でブログを書くのとでは、無意識のうち集中力とかも変わってきてるような気がするんですよね。
なので、普段から自分が集中できる環境を意識的に作っておくというのは、非常に大事なことだと思います。

手が止まっても書き続ける

これも結構大事です。
手が止まったら、他の記事を書くなどして一時停止状態を避けることが大事です。一回一回止まっていては勿体無いです。
なんだろう、難しく考えずに頭の中に湧き出てくるものをそのまま素直に文章にしていくことが大事だと思っています。
速読なんかも同じだと思います、あれはひとつひとつの文字を考えながら読んでいるのではなく脳に任せて目で見ている状態です。
ブログをはやく書くっていうのも、同じような原理かと思っています。
速書みたなもんですね。笑

まとめ

今回は、ぼくの1日に1万文字を目指すという目標と、それについての具体的な戦略を語ってきました。
ぼく自身日々やるタスクも多いので、なかなか1万文字までいけていないのが現状ですが、自分で書いた通りライティングは筋トレだと思っているの、日々自分に負荷をかけて執筆筋を鍛えていきたいと思います。

良いものを生み出すには、まずは圧倒的な量だと思います。

はやく失敗して、はやく学んで、はやく成長する。これがすごく大事だと思っているので継続して頑張っていきたいと思います。

RECOMMEND

-メモ

Copyright© SORA OFFICIAL BLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.