自由であるために、自分であるために。

soraのまじめなブログ(仮)

片づけ

【整頓術】整頓することで心を整える

投稿日:2019年4月22日 更新日:

おはようございます、soraです。

現代でよく言われている「瞑想」

それはつまり、心が整った状態とも言えます。

サッカー選手の長谷部誠さんが出した「心を整える」という本のタイトルにもなっています。

それでは、「心が整っているという状態」には考え方を変えたり、瞑想をしたりすることでしか辿りつけないのでしょうか?

いや、もっと誰でも簡単に心を整う状態があります。

それが「整頓」です。

今回は、そんな「整頓で心を整える」ことについて解説していきます。

整頓することで心を整える

整頓で心を整える

ぼくは、心を整えるとは物理的な行動によってもたらされると思っています。

例えば、学校のマラソン大会の時に、本番前に靴紐をしっかり結ぶだったりとか、ストレッチを入念にするととかいった経験ありませんか?

ぼくも同じような経験があります。

その時ぼくは、緊張を和らげるために無意識のうちにそれを行なっていました。そうすることで、「心を整える」といった行動を行なっていたわけです。

このように、「物理的な行動」が心を整える結果になっているといったことは、どんな場面にも起こりると思っています。

「整頓」はそんな中でも超強力なツールだとぼくは思っていて、心が整う強力なきっかけになってくれます。

ここでいう「整頓」というのは、自分の決めたスタイルに戻す、戻るということです。

自分が決めた住所にモノを戻していく、この「元に戻す」という作業ですが、これだけで乱れた心が整っていくといっても過言ではないです。

考え方が生まれるプロセス

ポジティブな考え方は、ポジティな環境から、
ネガティブな考え方は、ネガティブな環境から生まれると思っています。

例えば、ものすごく地散らかった部屋は、ものすごく乱れた精神状態を引き起こすといっても過言ではないです。

大事なのは、自分に部屋に自信が持てるような配置にすること。

これを確立できれば、いくら自信を喪失した日でも、自分が前もって作ってくれた環境が自分を勇気づけてくれることになります。

こうやって嫌なことがあった日でも、部屋が自分を勇気づけてくれる状態にしておけば、自ずと自信を取り戻していけるんですね。

自分の環境は、自分がブレないための錨

自分の環境は、自分がブレないための錨みたいなもなので、モノが溢れかえっている今だからこそもっとも必要になってくるんじゃないでしょうか。

そうすることで自ずと他人とも勝手に差をつけれる原因にもなりますし、自分自身の人生にとってもとても大事なことのような気がしています。

ほっておけば人は楽をし、自分の環境からも悪い影響を受けてしまうことにもなりかねません。

しっかりと環境構築はやっておくべきでしょう。

-片づけ

Copyright© soraのまじめなブログ(仮) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.